• CAC

tZERO、セキュリティトークン投資のためにGSRキャピタルとの意向表明に1億6000万ドルを調印

最終更新: 2018年9月18日



引用:https://goo.gl/MjvrzH


ニューヨーク証券取引所BUSINESS WIRE) - 資本市場におけるブロックチェーンの革新のグローバルリーダーであるtZEROは本日、法律に基づいて設立されたプライベートエクイティ企業であるG​​SRキャピタル(GSR)との合意書(LOI)香港、tZEROのSecurity Token Offering(STO)に参加しました。LOIに従って、GSRは、シンプル・アセット・フォー・フューチャー・エクイティ(SAFE)に準拠して、tZEROセキュリティトークンで1億6,000万ドルを購入する予定です。セキュリティトークンごとの購入価格は$ 10.00になります。GSRの投資に対応するため、tZEROのSTOは2018年8月6日まで延長されました。


2018年 6月28日現在、tZEROはセキュリティトークンのために1億6800万ドルを超えるSAFEを実行しており、そのうち9000万ドル以上がすでに資金提供されています。30カ国からおよそ1,000人がトークン販売に参加し、世界で最も広く保有されているセキュリティトークンの1つになっています。tZEROは、STOの8月6日の満了まで先着順でSTOへの投資を引き続き受け入れます。


tZEROのSaum Noursalehi最高経営責任者(CEO)は、「我々はすべての投資家からの支持に圧倒され、世界初のセキュリティトークン交換を開始しようとしている間、GSRをチームに迎え入れることに興奮している。GSRからのこの投資は、資本市場にブロックチェーンを導入するtZEROの戦略を検証し、このパートナーシップはグローバルな拡大努力を加速するでしょう。


tZEROの親会社であるOverstock.comのCEOで創業者でもあるパトリック・M・バーン(Patrick M. Byrne)tZEROエグゼクティブ会長は、次のように述べています。「戦略的投資家の皆様の継続的な支持とtZEROチームの創意工夫可能な優先株式保有トークン。数年前、私たちはブロックチェーンの世界的に揺るがす可能性を見出しました。それ以来、国内外の資本市場に大きな効率性と透明性をもたらす企業にtZEROを構築することは理論的なものでした。私たちがしていることは歴史的なものだと本当に信じています。まだ多くのことが行われていますが、このSTOの成功は、私たちが見るべきリソースを私たちに与えてくれました」


tZERO Security Tokenセールの収入は、業界初の規制されたセキュリティトークン交換を開始するために、最近発表されたBOXデジタルマーケットとのジョイントベンチャーをサポートする証券取引機能を構築するために使用されます。さらに、資金は、tZEROの人的資本と才能あるチームを補強するために使用され、将来的にはさらに国際的な拡大を可能にします。

Tゼロの詳細については、下記をご覧ください:tZERO.comを



tZEROについて

t0.com、Inc.(以下「tZERO」)は、Overstock.comの過半数所有子会社であり、暗号化されたセキュアな分散型元帳(ブロックチェーン技術と呼ばれる)に基づく金融技術(FinTech)の開発と商業化に焦点を当てています。創業以来、tZEROは、ブロックチェーン技術の統合を通じて、資本市場に効率性と透明性を高める努力を先駆けて行ってきました。



GSRキャピタルについて

GSRは2004年にSonny WuとRichard Limによって設立されました。現在、GSRベンチャーズ、GSRユナイテッド・キャピタル、GSRキャピタルは3つの独立した補完的なチームであり、2016年にセクターのリーダーシップとユニークな投資戦略やリソースで世界をリードする目的で設立されました。GSRキャピタルは、北京、香港、米国にオフィスを構えています。



将来の見通しに関する記述

このプレスリリースには、tZEROの事業に関する記述を含む将来の見通しに関する記述が含まれています。「予測する」、「する」、「考える」、「する」、「する」、「見積もる」、「期待する」、「意図する」、「計画する」、「予測する」、 「潜在的な」、「予測」、「プロジェクト」およびその他の同様の表現も、将来の見通しに関する記述です。将来の見通しに関する記述は、将来の開発およびtZEROへの潜在的な影響に関する経営陣の現在の期待と信念に基づいています。このような将来見通しに関する記述は、将来の業績を保証するものではありません。


このプレスリリースは、売却オファーでもなく、売却オファーの勧誘でもなく、また、オファー、勧誘または売却が違法となるいかなる管轄区域においても売却されるものではありません。

0回の閲覧

© 株式会社コネクトエイト and CAC all rights reserved